熱海のホテルを満喫

贅沢な熱海のホテルの使い方

熱海で働いていた時はよく、ホテルを利用していました。

 

旅行が趣味だった事もあり、旅先での宿泊にホテルを使う事が多かったのですが、普段の生活の中でも、ストレスが溜まったり煮詰まったりした時、ふと、自宅へ帰るのではなく、通勤途中などに見つけていた素敵なホテルに一人で泊まったりしたものです。

 

夕食を適当に済ませ、ホテルの最上階のバーで見る夜景は、同じ風景であるはずなのに、いつもと少しだけどこかが違う気がしました。

 

熱海のホテルという場所柄、旅行中の人も多く、気軽に話したり情報を教えたり。

 

地元だと言うと大概は驚かれますが、事情を話すと「そういうホテルの利用の仕方もあるんですね」と大抵は納得してくれるようでした。

 

贅沢な使い方だと思います。

 

独身で、それなりに収入もあったから出来た事だと今更に思います。

 

しかし、当時の私にとっては、そのような時間が必要だったと思います。

 

毎日、忙しなく追われる仕事と家の往復に、どこか急に、ここではない場所へ行きたくなる瞬間。

 

そんな時に、熱海のホテルに泊まるのはとても心身共にリフレッシュ出来る事でした。

 

 

 

今は家事、育児に追われ、働いていないので、そんな贅沢は出来ません。

 

でも時々思うのです。

 

主婦であっても、たまには日常を離れてみたい、と。

 

 

贅沢な熱海のホテルの使い方

ホテル選びのポイント

私が熱海のホテルを選ぶのに重要なポイントを考えてみました。
まず第一に予算です。
ホテルの料金は、訪れる国によって様々です。
その国の物価に合わせた予算を考えるのが無難です。
物価が安いのに、一泊五万円もするホテルに泊まるのは
考え物です。その国らしいホテルではなくなるからです。

 

どの国も一流と言われる熱海のホテルは、なんとなく雰囲気は同じ感じで
面白みに欠けるかな、というのが私の考えです。
第二には、ホテルのロケーションでしょうか。
限られた時間の中で、効率的に観光箇所を訪問するには、
ホテルの場所はとても重要です。
少々高くても、便利なロケーションのホテルは、
無駄な移動費もかからないので、重視すべきポイントです。

 

第三には、wifiの環境も、もはや無視できないポイントになってきています。
ホテルの部屋の中で、無線lanが無料で利用できるところがベストです。
少なくとも、ホテル内のどこかでインターネットが接続できるところしか
選びません。 

 

第四には、朝食も大きなポイントです。
ビュッフェ朝食が無料で食べられるホテルが良いです。
朝食の時間は、一日のスタートを切るのに大事な時間です。
ゆったりと、好きなものを選んで食べるのがホテルライフの醍醐味だと思うのです。

 

銀座 日本酒

熱海を侮るなかれ!

一昨年の秋に熱海に一泊しました。
とは言っても熱海自体の観光は貫一お宮像を見るくらいのことで旅の中継地点といった感じでした。
勿論目的は温泉!

 

ですが、全体的にあまり期待していなかったというのが本音です。
昔は温泉町として栄えていたようなのですが、最近は大分さびれてしまった感がありましたし、
私にとってはこれといった観光地もなかったからです。
でもそんな気持ちを裏切る素敵な滞在となりました!

 

海沿いの「KKRホテル」は料金も手頃で露天風呂が源泉ということだったのでこちらに宿泊しました。

 

まず温泉がとてもよかったです。
潮湯なのでとても温まりました。
曇りだったので星空をみることができなかったのですが、晴れていればいい眺めだったに違いありません。

 

そしてお食事も料金が手ごろだったので期待していなかったのですが、今まで泊まったホテルで一番量が多かったのではないでしょうか。
量で勝負で味はイマイチということもなく普通に美味しかったです。
かなりお得なホテルだと思いました。

 

そして一番素晴らしかったのが花火です。
熱海では観光客のために特別花火大会というわけでもなく週末に花火をあげている日があります。

 

ですのでちょっと上がるくらいだろうと見くびっていたのですがこれが結構な数打ちあがる上にホテルなどが並ぶ海岸沿いの道からびっくりするほど近くで上がるのです!
あんなに大きな迫力満点の花火はなかなか見れません!

 

すっかり熱海が気に入ってしまったのでまたそちら方面に行くときには花火の日を狙って滞在したいです。